お家から迷子になってしまった犬の掲示板

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆迷子にしてしまった方へ◆

迷子になった犬がセンターや保健所に保護収容された場合
保護されてから4日目には処分の対象となってしまいます
迷子になった犬には交通事故などさまざまな危険も待っています
いなくなったらその日のうちに迅速に行動を起こすことが大事です

帰ってくるのを待っている猶予はありません
いなくなったらすぐに届けを出してください
犬は思いがけず遠くまで移動していることもあります
近隣だけでなくできるだけ広範囲に届けを出しましょう

届けを出すと同時にポスターで呼びかけるなどもしましょう



【届けを出す場所】

◎保健所(健康福祉センター)
保護または捕獲されて収容される場所は保健所です
個人の方が保護している情報もあります
真っ先に保健所に連絡を入れましょう 

◎動物管理(愛護・指導)センター
保健所での収容期限が過ぎるとセンターへ送られます
センターで犬の処分が決められます(譲渡を含みます)
県のセンター以外に、政令指定都市・中核市では独自のセンターにて
保護収容から処分までを行っている場合があります

◎警察署、交番、派出所
保護されて拾得物として届けられることがあります
飼い主が判らない犬は保健所へ引き取られます
犬を拾得した方が預かってお世話してくれる場合は
その後3ヵ月間飼い主不明のままであれば
「遺失物法」により保護した方へ犬の所有権が移ります

◎市役所
個人の方が保護している犬の情報が入るかもしれません

◎清掃局
事故に遭って収容されることもあります

届け出る際には、犬の特徴がよく分かることが大事です
いなくなった日時、場所、性別、種類、大きさ、毛の色や長さ、
年齢、首輪やリードの有無や色、性格、
名前、マイクロチップの有無など
 
出来るだけ詳しい情報を伝えましょう

犬の写真や作成したポスターを各届け先に送ることも効果的です
届け出をした後も見つかるまで何回でも問い合わせをしてみましょう



【ポスターを貼る】
迷子になった日時、場所、連絡先、性別、その他特徴などを記入し
その犬の特徴が良く分かる写真を何枚か添えて作成します
出来るだけ目立つように文字などを工夫しましょう

≪ポスターを貼らせてもらう場所の例≫
動物病院、ペットショップ、ペットカフェ、ドッグラン、公園、
スーパー、コンビニ、ホームセンター、駅前、バス停、
郵便局、銀行、地区の掲示板、ゴミ収集場所、自動販売機横、など

お声をかけて許可をもらってから貼るようにしましょう
見つかった後は必ずすべてのポスターを忘れずに回収しましょう

※特に、動物病院に関しては保護した方が連れてゆく可能性があります


【チラシを配る】
新聞折り込み、近隣へのポスティング、人の集まる場所で配ることも

【地域情報誌、新聞などへの掲載】
フリーページや新聞の広告欄に掲載を依頼します

【インターネットで呼びかける】
迷子情報の掲示板やブログで情報を広めることができます 



捜索が長期にわたることもありますがあきらめずに探しましょう
探すためには多くの方に協力をお願いすることになります
見つかったらお世話になった方々へのご報告を忘れませんように




迷子の情報掲示板
にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
 

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。